あなたは自分の誕生日ってうれしい?それとも?

人は母親のお腹から生まれ、その日が誕生日となるのです。
そして年に1度、その記念日を親や兄弟そして友人が祝ってくれます。
あなたもそうだったと思うものの、私も小さいころは誕生日がくるのが楽しみでなんだかうれしくなるのでした。
理由は親からプレゼントをもらえるからでいつもそんなことを思っていました。
それで毎日が誕生日だったらいいのにということになり、あなたはどうでしょうか。
そう思ったことがあるかもしれない一方、誰もがあるのではと考えます。
ドキドキワクワクしながら、お母さんが作るごちそうや1番メインのケーキがあってみんなが私を囲んでパーティーをしてくれるのです。
その時は私がとてもキラキラ輝いて胸の奥底に熱いものがあること認識しました。
いつしか大人になって親のプレゼントより、彼氏からもらうもののほうがうれしく思うでしょう。また結婚して子供ができて彼らの誕生日が楽しみになった時、私は段々と歳が上になってきたことを感じます。
ただ今でも自分の誕生日ってうれししいのだろうかと考えてしまうのです。
自分の子供の誕生日は心から成長がうれしいのにもかかわらず、なぜと思ってしまいました。
でも自分の誕生日は果たして喜んでいいのでしょうか。
もちろん喜んでいいと思うし、なぜって理由は自分の誕生した日になりますからね。
歳を重ねて誕生日でもうれしくなくて嫌がる人もいるものの、この世に生まれてきたことに感謝する日でもあるのではというのが私の考えです。
年を取るのは私も嫌で若いほうががいいに決まっています。
でもそれとは違う感じがして子供を持ち、私はたくさん学んでわかったことがあってまず命があるから新しい世代が生まれるのです。
そして彼らがこの世に生まれ、みんなの目の前に姿を現したことでその日が[誕生日]と言われているのではと思います。
誕生日は私たち1人1人が持っている大切な記念日ですばらしいことでしょう。
その日はあなたが主役でおおいにはしゃいでもいいはずでおいしいものを食べて今まで元気にいられ、また1年頑張るという節目の日でもあります。
要するに子供であろうが大人であろうが関係ないし、年を取るのも私は気にしないです。
ただこの世に生まれてこさせてくれ、ありがとうと神様からいただいた[誕生日]と言う日だから素直に喜んだほうがいいと思います。
それが神様への恩返しになるでしょう。
テックアカデミー 動画広告クリエイター