会社の魅力を求職者に、訴求することができる

求人サイトは、求職者が比較しやすいようにフォーマットを統一しています。また、伝えたい事が制限されすべてを伝えたいことができない。
しかし、自社の採用サイトであれば、求人サイトでは伝えきれなかった情報を提供することで、会社のイメージなどを伝えることができますので、応募を増やせる場合もあります。
不安払拭できる
転職はその後の人生を大きく左右するため、応募をする前に、できる限り不安を解消したいと考えています。
では、どんなことで、悩むのでしょうか?
・求人内容の条件は本当だろうか?
 ・仕事は自分のイメージと合っているだろうか?
 ・会社の雰囲気に馴染めるだろうか?
 ・先輩社員の方たちとうまくやっていけるだろうか?
 ・会社の理念に共感できるだろうか?
――そんな多岐にわたる不安を払拭するのに、採用サイトが有効です。例えば、求人サイトと採用サイトの作り方で待遇を統一したり、求人サイトよりも詳細に仕事内容を伝えたり、写真や動画を使って会社の雰囲気を伝えたり、先輩社員の写真や会社に入って良かったなどを伝えたり、会社の理念を伝えたり。採用サイトから情報を発信することで、求職者の安心を得る事ができ、求職者の背中を後押しできる場合もあります。