便秘解消にキャベツはどうなのでしょうか。

便秘に効く食物繊維が豊富な野菜で思いつくといえば、葉物野菜です。その中でもキョベツは多いと思っている方多いと思います。
他にレタスなどもありますが、便秘といえばキャベツなんです。
その成分を見てみましょう。
◆食物繊維
→不溶性が多く含まれています。100gで1.8gと少し少なめです。
 多いイメージがありますが、意外と少ないんです。
◆ビタミンU
→胃の粘膜を保護してくれます。胃にとてもいいんですね。薬にも利用されています。
 胃を整えてくれるのは、便秘には大変いいことなんです。
◆ビタミンC
→豊富に含まれています。腸内乳酸菌を増やしてくれます。
 アンチエイジング効果があります。100gで一日分のビタミンCが取れます。
◆ビタミンK
→骨粗しょう症予防や動脈硬化を予防してくれます。
その他、ビタミンやミネラル豊富に含まれています。
キャベツ100gで1日の栄養分が入っていますので、便秘にも胃にも体にも良いんです。
しかも、キャベツは即効性があるます。生で、ドレッシングをかけて食べるのがお勧めです。
火を通すとビタミンCは損なわれます。覚えておきましょう。
☆注意点
→食べ過ぎるとお腹の中でガスを発生させてしまいお腹がはります。それの伴い便秘を引き起こすことがあるので気をつけましょう。
 食べるときは水・油を一緒に食べるようにしてください。(オリーブオイルやごま油など)
 冷蔵庫で冷えたキャベツを食べるのは胃に負担がかかる為、常温か少し温めて食べるのがいいと思います。
 キャベツダイエットは便を固くし、出にくくしてしまいます。便秘の方はしない方がいいですよ。
キャベツは便秘にもよく、胃も守ってくれる優れものなんです。自分の合う量を調整しながら食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。