最近の据え置きゲームについて

据え置き型に限った話ではあるが、フォトリアル&アクション性重視の作品が増えてきている。海外など様々な圧力を受けてか、美形キャラはNG、企業として多様性をアピールするために性的思考が奔放なキャラを入れてくる傾向がある。これらの傾向が日本の市場で受けているかというと微妙なところだ。だというのに日本のゲームメーカーも海外の流れに乗ろうとしている。これは海外市場に目を向けた結果なのだろう。スマホアプリゲームで日本人から小金をせしめ、据え置きで海外市場を狙う。悪い戦略ではないが、そうすると昔からのゲーマーとしては楽しめるゲームが減ってくる。楽しめるゲームがなくなれば、ゲーム自体をプレイしないという選択肢になる。(趣味の合わないフォトリアル洋ゲーを我慢してまでプレイしたくない。アプリゲームは、あれはゲームとは言えない。ただの課金装置だ)。結果、日本市場は先細り、メーカはこぞって海外市場に乗り出していく。悪循環だ。そんな中、テイルズオブアライズという日本人好みのキャラといわゆる王道シナリオ(個人的には苦手な恋愛主軸の話だが)のゲームをバンナムが出してきた。一気に売れた。世界でも売れた。日本のアニメーションは海外で人気だ。ならゲームもその系統での需要が必ずあるはずだ。海外であろうとも、だ。日本のゲームメーカーは洋ゲーの後追いばかりしていないで、日本の良さを追求したゲームを作って欲しいものだ。
テックアカデミー Webデザイン 評判